BLOG

お客様に知っていただく、興味をもっていただく為の情報発信

コロナ禍の日々の営業活動は厳しい状況である事は変わりませんが、今だからこそ情報発信体制の強化や整備をしてゆく事を通して、お客様に「知ってもらう」「興味をもってもらう」事を実現してゆく事が大きな集客効果につながるという事をお伝えさせていただきます。
今の世の中の人々はインターネット上の情報を閲覧してお店やサービスの情報を入手し、お店やサービスを利用しています。「地域・地元のお客様に知っていただければいいから」「発信する情報なんかないから」と言われる方もいらっしゃいますが、これからの時代の流れを考えてみて下さい、確実に高齢化社会は進み人口減少が始まります。ますます利便性の高い世の中に移り変わってゆくと思われ、新型コロナウイルス感染症によって利便性の高い世の中の時代が急速に前倒しで始まってしまったと感じています。その時代の流れの中でお店を継続して「お客様に知っていただく」「興味を持っていただく」事は本当に重要な事であると思っています。

現在、パソコンやタブレット端末の在庫不足が多く発生しているほど、IT機器を購入される方が増加しています。

今、世の中ではコロナ禍においてSNSの使用率が大きく飛躍しています。スマホの普及率が91%を超え、SNSを利用・活用される人々が大きく増えてきているのです。SNSでの飛躍率からいきますと、1位がTwitter、2位がLINE、3位がInstagram、4位がfacebookとなっています。

今のコロナ禍における企業や店舗の販促スタイルは一方通行型からコミュニケーション型に完全に置き換わりつつあります。世の中でお客様がお店やサービスの情報を集めている手段として活用されているのは、皆さん何だと思われますでしょうか?

実は今、InstagramとGoogleMapからお店や情報やサービスを収集して活用されているお客様が82%を占めています。Instagramってどうせ若い世代の方々が利用されていると思われがちですが、Instagramを利用している世代は40代〜50代の方々が一番多いのが現状です。コロナ禍の中で在宅ワークをされている方々がスマホでのSNS使用率が急増しているのも現実です。

世の中の生活様式の利便性が急速に向上し生活スタイルがどんどん変化をしています。お客様は柏市内だけではないと思います。ICT化が急速に進んでしまった今だからこそ、お客様に知っていただく、興味をもっていただく為のネット情報発信を考えてゆきませんか?

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP